柄杓に汲む湯は1勺(単位18cc)ではなく3-4勺。茶杓は1匁ですが…何で中途半端なのだろう


605 : 和服な名無しはん :2015/06/13(土) 12:36:46.49 ID:???
ところで柄杓に汲む湯は1勺(単位・18cc)ではなく3-4勺である
茶杓は1匁だが

何で中途半端なのだろう

608 : 和服な名無しはん :2015/06/14(日) 17:10:50.31 ID:???
>>605
釜の口に合わせて柄杓自体、合の大きさも替えて様々にあつらえる物だったからでしょうか?
現在も小釜、雲龍などから大炉の大釜まで色々ございますし

それは贅沢だから応用がきく風炉や炉の標準サイズができたのは後からでは?
歴代黒田正玄氏の著作やお話など資料があれば書いてあるかしら

611 : 和服な名無しはん :2015/06/14(日) 17:20:00.96 ID:???
茶杓も水屋用とか茶箱茶籠用とか種類は色々あるのでは。
種類ごとに大体の標準はあるけど。
お茶にはお茶のJIS規格があるような。流派にもよる?





スポンサードリンク




609 : 和服な名無しはん :2015/06/14(日) 17:12:19.03 ID:???
畳なくなったら畳目何目~とかなくなって立礼棚から席や水屋まで何歩とかになるのか??

610 : 和服な名無しはん :2015/06/14(日) 17:17:23.90 ID:???
着物を繰り回したら反幅が油単にぴったりとか三味線入れにぴったりとか座布団や和布団サイズにぴったりとかいう話を聞く
お茶でもその手のことがあるから、そういうサイズの符合の妙や精神、知恵みたいなのは尺貫自体を無くすと消えちゃうかもね

613 : 和服な名無しはん :2015/06/15(月) 14:51:57.06 ID:???
>>610
でも着物の反物の幅も50年で変わってる罠
昔の反物は狭い
いけるだろうと思って縫おうとしたら足りないことがあるorz

654 : 和服な名無しはん :2015/06/23(火) 19:27:06.43 ID:???
>>613
私は、腕だけやたら長く女の癖に裄71センチだから昔の36センチ幅やリサイクル着物は手首全部見えてほぼ無理(T^T)

普段着は一尺八寸前後で何とかしてますが準礼装以上は困る~
最近は対応する反幅増えてありがたい

616 : 和服な名無しはん :2015/06/19(金) 22:32:02.16 ID:???
何点何センチです~言われるより
何尺何寸です~とか
畳目何目です~とか
何貫何匁です~とか言われた方が具体的にどれくらいかイメージしやすいかったんでしょう。

自分の手や腕を広げた体の部位の長さを知っていて、それを巻き尺代わりに基準にしたり?

和裁だとミリ単位って正確に反映できないから意味ないような…
今は全部センチで教えるのかな?

鯨尺の竹の物差し?とか、センチと尺寸を表裏に併記してるメジャーや曲尺を祖父母が使っていた記憶はある

祖母は和裁洋裁どちらもできる人で、家族や孫の私の着物や服もたくさん縫ってくれたらしいが
当時はそれが珍しくなかったらしい

引用元 http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/hobby/1425818908/

【茶道】 お茶やってる方います? 三十席目




スポンサードリンク






↓↓↓この記事をシェアする↓↓↓
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加