雪花絞りは赤ちゃんのおしめ用の柄ってすっごくわかるwでも雪花絞りに限らず藍染の絞り系はオシメのイメージ


108 : 和服な名無しはん :2015/07/02(木) 14:26:55.88 ID:Mzl3VgY8
雑誌で木綿織る産地の特集を読んでいたら
流行の雪花絞りは赤ちゃんのおしめ用の柄だから
それを知っている世代は着物としては着ないって書いてあった
でも今の人が可愛いと思うなら着るのは自由みたいに書いてあった

麻の葉模様の端切れの足袋入れ(祖母が縫ってくれた)を魔除けの意味が有るから子どもの柄で、良い大人はおかしいと着付け教室行ってる人に言われたこと有るから気になった

布団縞と言って、木綿も晴れ着から野良着に寝間着に布団にむつきに雑巾に着倒してくり回して雑巾にして最後はほつれて朽ちるような着方をするものは、そもそも、何代も受け継ぐようなものじゃないんだって

だから綿コーマみたいな浴衣は?なおさらでおろしたてで糊利いてないとお出かけ着にならんのかな
毎年仕立てるのが江戸の粋だったのかなと思った

122 : 和服な名無しはん :2015/07/02(木) 18:02:02.10 ID:OOfGYEiX
>>108
雪花絞りは赤ちゃんのおしめ用の柄

すっごくわかるw
でも雪花絞りに限らず藍染の絞り系はオシメのイメージ

192 : 和服な名無しはん :2015/07/05(日) 21:52:54.59 ID:27YatbTz
>>108です。雪花絞りの件です。
いろいろなご意見を伺って勉強になりました。
ちなみに雑誌は「なごみ」今月号です。
そういう見方をする方もいるんだなあ、と頭の片隅に置いて気にせず麻の葉の足袋入れも雪花絞りも用いようと思います。ありがとうございました。





スポンサードリンク




109 : 和服な名無しはん :2015/07/02(木) 14:35:46.91 ID:Ei8qb03g
その流れだと浴衣はそもそもお出かけ着じゃないって話になるのでは
あと新調しないでボロボロを着続けたらぞうきんが無くなる気がする

110 : 和服な名無しはん :2015/07/02(木) 14:57:42.07 ID:Mzl3VgY8
>>109
?木綿着物でそれなら浴衣は尚更、
そもそも事実お出かけ着じゃないし
最近は変わってきたけど

ボロボロになってきて着倒したらそれこそ雑巾にするんじゃない?
最近の人はその時点で捨てるのかもしれないが
着物の布面積から雑巾何枚取れるのかな
端切れで編む草履とかたまに温泉街に売ってるけど…

126 : 和服な名無しはん :2015/07/02(木) 22:11:09.97 ID:NlZFrePU
>>110
>着物の布面積から雑巾何枚取れるのかな
>端切れで編む草履とかたまに温泉街に売ってるけど…

反物は大体12m x 36cmね、昔の浴衣地はもうちょっと小さいはず。
これを1mずつ切り離すと手ぬぐいサイズになるよ。その手ぬぐいを三つ折りにして半分にして適当に縫えば、ホラ、12枚の雑巾に。
といっても自分はやったことないけど。実際は浴衣に仕立てる時に襟とかおくみはタテ半分に切るし、全部同じにはなんないはず。
寝巻きはおくみなしとも聞いたことあるけど本当かな?寝巻き用の仕立て方知りたいなぁ

148 : 和服な名無しはん :2015/07/03(金) 21:03:58.28 ID:c0iCOaIn
>>110
木綿の着物を潰すときは一度に潰さないからそんなに大量に雑巾はできないよ(笑)

袖口、裾、衿とか擦り切れたとこから雑巾にしていくんだよ
残った部分の面積に合わせて家事用の上っ張りとかちゃんちゃんことか
布団の側生地、子供の甚平とかパンツ、女の子だったら夏用のワンピースとか他にも数え上げれば切りがないけど
木綿はいろいろ流用できたから昔の母ちゃんたちの針仕事だよ

111 : 和服な名無しはん :2015/07/02(木) 15:39:14.24 ID:PKZZJNj5
木綿をシャンとしたお出かけ着にするのは難しいというニュアンスのことを幸田文が言ってたな。
着慣れる毎にやわらかく体に沿うようになるのが木綿のいいところだけど、
街で綿唐桟をパリッと着てる人を見て、しっかり糊が効いてるのは良い
……とかなんとか? 細かいところはウロ覚えだけど。
お出かけ着に「折り目正しさ」を求めてた時代の人の言うことなのかなと思った覚えが。

112 : 和服な名無しはん :2015/07/02(木) 15:39:56.78 ID:NUpvkdoL
わざわざオムツ用の新反を絞りで用意できた人がどれだけいたのかと聞いてみたいな

毎年新調するのが江戸の粋じゃなくて浴衣くらいしか新調できなかった人のほうが多かっただろうし
新調すらできない人も数多くいただろうしな
花のお江戸の庶民はそもそも褌までレンタルだ
洗濯までやってくれるからレンタル便利だったっていう

124 : 和服な名無しはん :2015/07/02(木) 18:16:53.67 ID:sQLBRj2R
>>112
古くなったタオルを雑巾にして学校に持って行かなかった?
いまは雑巾用として新しいタオルで作ったものが100均で売ってるでしょ?
あんな風に昭和の時代になると柄のついた新しい晒でオシメ用として売ってたの
それが雪花絞りとかその手の柄だったのよ

浴衣もいま見たいに年に一度か二度しか着ないようなものじゃなくて
夏の間はお風呂上りに着てたからワンシーズンで色が褪せてきて
ヨレヨレまではいかないけどちょっとくたびれた感じはあったよ
だから毎回糊付けしてたけどね

127 : 和服な名無しはん :2015/07/02(木) 22:24:35.93 ID:PKZZJNj5
>>124
私も >>112と同じことを不思議に思っていたので、とても分かりやすかったです。
使い捨ての、いわゆる紙おむつが広く普及しだしたのがだいたい昭和の末期だから、
昭和の中頃に子育てをしていた世代や
その頃までに物心ついて、弟妹のお守りなどで見覚えがあった人にとってはオシメを連想してしまう柄、ということなんですね。

それ以前の世代の人からすれば、新反をオシメにするなんて! だろうし、
平成の便利世代には、そもそも使い捨てじゃないおむつ自体に馴染みがない。
ある意味で流行と言うか、世代による認識の違い(ジェネレーションギャップ?)の一種とも言えそう。
おもしろいです。他にも、世代によって受け取り方の違う柄ってあるのかな。

125 : 和服な名無しはん :2015/07/02(木) 18:25:04.69 ID:PHL6rJHn
絞りと言っても雪花絞りのような板締め染めは、一つ一つ糸で括る絞りとは別ジャンルだったのかもね
糸で括るほうの絞りも機械でガーっとやって出来ちゃうのあるし
昔のように染めや織が百花繚乱で沢山出回ってた頃はピンキリの認識が今よりきっちりしてたんだろうと想像

128 : 和服な名無しはん :2015/07/02(木) 22:40:11.77 ID:su/V0q2w
そういやウチにあった布オムツの柄はバンビちゃんだw
この場合、世の中にあふれるバンビ柄の布を見ると、オムツに見えるわって言わなきゃいかんのか…アホらしっ!

129 : 和服な名無しはん :2015/07/02(木) 22:43:52.42 ID:PHL6rJHn
昭和末期の布オムツの素材はドビー織りだったな

130 : 和服な名無しはん :2015/07/02(木) 22:51:57.55 ID:FYCmaCH1
私、祭で父が使ったサラシをおむつサイズに切って子供の布おむつ自作したから
一般的なおむつ模様って分からないなぁ。
麻の模様も、普通の着物や帯に沢山使われてるし……
レンタル褌の話はつい先日BSで観た気がする。
流行は遊女から、というのも放送してたね。
今はそういう知識が「知る人ぞ知る」カテゴリになってるから
雪花絞りでも麻の葉模様でも楽しんで着て行こうよ\(^o^)/

132 : 和服な名無しはん :2015/07/03(金) 00:11:05.52 ID:RUnoiqw4
麻の葉は老若男女使えるよね
矢羽根が厳しい人に何か言われる柄なんだっけ?

136 : 和服な名無しはん :2015/07/03(金) 00:27:34.38 ID:rxGT/ZVx
>>132
縁起担ぎで赤ちゃん用のものに多様してたら
何故かそれを赤ちゃん専用と勘違いする人が続出する不思議

引用元 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1435394182/

【着物】きもので過ごす生活・51日目【和服】




スポンサードリンク






↓↓↓この記事をシェアする↓↓↓
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加