お茶やってみたいんだが、近場に手頃な所がない…ほか


7 : 和服な名無しはん :2014/06/18(水) 20:49:58.75 ID:???
お茶やってみたいんだが、近場に手頃な所がない。カナシス~

8 : 和服な名無しはん :2014/06/18(水) 23:49:22.21 ID:???
秋田から京都に通ってる人とかいるから

9 : 和服な名無しはん :2014/06/19(木) 00:35:33.28 ID:???
え、なんのために?

11 : 和服な名無しはん :2014/06/19(木) 12:31:41.30 ID:???
そりゃ自分ちのあたりだと変質してる可能性あるから
直門の先生にお稽古つけてもらうために

12 : 和服な名無しはん :2014/06/20(金) 12:14:48.67 ID:???
あぁ、変質、そうなのか。
芸事も癖で変わっていったりするから、そういうことかな。

わざわざ新幹線の距離。
経済的な余裕がないと出来ないな。
お茶は道楽のひとつと考えて良いのかな?





スポンサードリンク





13 : 和服な名無しはん:2014/06/20(金) 12:41:07.13 ID:8R3NB6Ne
距離もそうだけど、時間による変質は免れないですね。
特に茶道人口を増やそうと戦略的に動いて来た時代に…。

14 : 和服な名無しはん :2014/06/20(金) 12:50:57.23 ID:???
そう思うと利休時代の作法ってどうなの。ずいぶん変わってしまってるんじゃない?
個人の癖で変わるのはよくないけど流派が意識して変化するのはいいんじゃない?
15 : 和服な名無しはん :2014/06/20(金) 16:56:48.42 ID:???
聞いてくる→自分なりに解釈する→弟子→孫弟子とかの間に変わるからね。
どうだったかな、を曖昧にしたままでいたりとか。
昭和初期だったか、表さんも直弟子派遣したら凄かったとか。
地方により個性があって。

16 : 和服な名無しはん :2014/06/20(金) 17:56:14.60 ID:???
民謡も歌い手や三味線の弾き手によって癖もあるかもしれないけど、時の流れで変わっていく。
その移り変わりも歴史だし、いいなと思うけど、お茶はそうじゃないのかな。
お茶はかじったこともないし、興味があるだけで、いろはのいも分からないんだが、そういうのとは違うのかな。

17 : 和服な名無しはん :2014/06/20(金) 18:18:55.29 ID:???
流儀なので、その流儀にそってないといけないのは仕方ない。
自分流がしたいなら門から出て流儀の名前でしちゃいけないよ。
そのやり方がうちの流派の流儀です、といわれるとあんまりにも違ってると恥を掻く。

18 : 和服な名無しはん :2014/06/20(金) 18:52:54.58 ID:???
所作の一つ一つに決まり事があるのかな。そして、その通りにしないといけない、となっているのかな。
そしたら、想像していたのと違うかもしれない。厳しい。

19 : 和服な名無しはん :2014/06/20(金) 19:00:09.62 ID:???
英語に似ているような。
訛りや系統が数多ある中でクイーンズイングリッシュはそれはそれとして意義が
あり、存在を保っているというような。

私、方言好きです。

1つ1つの決まり事に、様々な歴史や合理的な理由が潜んでいるのです。
所作の型の中でいかに表現するかが楽しいのです。
型をまずは知らないと、自分流もできません。
利休さんも、最初は書院系のお茶とか相当学んでます。
地方色、その場所で催すこと、空気感そのものがすでに地方色では?
その人とのその瞬間のお茶、毎回違うと思います。
もっといろんなお茶を経験してみたいな。

20 : 和服な名無しはん :2014/06/20(金) 19:02:42.64 ID:???
利休さんは、そもそも所作を書物に残すことを嫌ったので
弟子がこっそり書いたものとか、師匠に習っていたであろうことですとか、
利休の弟子が行っていた所作ですとか、
茶会記や道具、逸話などからの研究によるところが大きいのでは。

引用元 http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/hobby/1402892545/

【茶道】 お茶やってる方います? 二十八席目




スポンサードリンク






↓↓↓この記事をシェアする↓↓↓
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加